リノベーションのメリットとリスクについて

リノベーションは最近では普及してきておりよく聞かれるようになりましたがリノベーションのメリットは何かを考えたときまずは新築の一戸建てを建てる場合と中古物件を買ってリノベーションした場合に費用はおよそ30パーぐらい抑えられます

また新築物件を建てる場合にはどうしても駅から遠い場所とかになる場合がありますがリノベーションの場合には駅から近い中古物件を買いそれをリノベーションすれば自分好みの家が新築物件よりも立地的にいい場所でしかも費用も安く抑えることができますがリスクもそれなりに伴います

リスクとは何かまずは中古物件をリノベーションするわけなのでその物件自体の耐震性やまた傷み具合にもよってリスクがでてくるので注意が必要です
又すぐに住みたい方はリノベーションするまでの設計施工などの時間がかかるためにある程度の期間待たなくてはなりませんので完成までの住居も必要となります

そして一番のリスクはリノベーションには住宅ローンの適用がないためにリフォームローンなどを利用することになりますリフォームローンは住宅ローンに比べ金利が高いのでしっかりとした計画が必要です

リノベーションに関しては、リノベーション横浜officeさんがおすすめです。

リフォーム・リノベーションに関することについて

近年よく聞くようななったリノベーションという言葉ですが、リフォームと同じ意味で使っている人も多く見られます。
ここでは、リフオームとリノベーションの違いについて簡単に触れていきたいと思います。
・リフオームについてー一般的にリフオームとは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、現状回復とも言われたりします。
なお、英語で「reform]は「悪い状態からの改良」を意味し、リフオームという言葉を使う時は、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。
・リノベーションについてー「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。
英語で「renovation]は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスのじょうたいのものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものを改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取や内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

リフォームの予算配分

リフォームで気になるのが予算がいくらがらいかというのも一つあります。リフォームの規模によって金額の大きさも変わってきますが、規模だけでなく、建築構造にかかわってくるか、設備機器の交換や移動などにもかかわってくるかで予算配分も変わってきます。単純に壁紙を換えたり、表面上の塗装のみといったリフォームはそこまで予算も想定外に高くなることも少ないですが、構造部分の補強が生じたり、設備機器などの新規交換などになると予定外に予算を見込んでおく必要もあります。できるだけそういう部分の改造が発生しないようにレイアウトなどを工夫することでうまくリフォームできることもあるのでリフォーム会社と相談しながら、提案を受けながらプランを進めていくことで予算をうまく配分していくことができます。

中古マンションの床のリフォーム体験談

30代後半の主婦で、5年前に中古物件のマンションを購入しました。内装は全般的にリフォームしたのですが、古いカーペットを引き剥がした床の新調については、夫とかなり論争をしました。

夫は料金的に高くても、格調のあるフローリングが良いと言うのですが、私は絶対に嫌でした。確かに一番美しいとは思うのですが、傷がついては大変…といつも気にしたり、ワックスをかけたりするのが大変な手間に感じられました。また、子どもが小さかったので、むしろ傷ついたりするのは当たり前と思い、掃除や手入れの簡単な床が良かったのです。

傷んだ先の再度のリフォームを短いサイクルで考えても、廉い素材が好ましいと思えました。

結局、妥協して表面が木材フローリングのフェイク加工をしてある、ビニール素材にしました。夫ははじめは残念がっていましたが、次第に「汗をかいても足裏がべたつかず、掃除が行き届いているのでホコリがつかずに気持ちがいい」と言うまでに。

もう数年ほどしたら、また床だけをリフォームで取り換えることになると思いますが、現在ではこのフェイクビニールを維持することで同意しています。少し寒さが気になるので、断熱加工などのプラスオプションについては、かなり前向きに検討しています

友人がマンションをリフォームしました。

友人が築30年のマンションをリフォームしました。広さは3DKで今風の間取りではなく、一部屋ごとに区切られているため、狭く感じていたようです。それで開放感のあるリビングとキッチンにリフォームしました。
ただ、友人の住んでいるマンションは築年数が経過しており、壁を全部取り除いて工事するのは無理だったようです。それで壁を残してLDKに、また、和室も洋室に変更しました。
壁を残しているのであまり変化はないかなと思っていましたが、リフォーム後の部屋を見に行ったら以前とは違い、開放感があり、通常のLDKとそれほど変わりませんでした。
一戸建てよりマンションの方がリフォームは難しいと聞きます。しかし、現在はリフォーム技術が進化していると聞きましたし、ここまで技術が高いとは思いませんでした。
ですから、安い中古マンションを購入してリフォームするスタイルが人気となっている理由が何となく分かるような気がしました。

デザイナーから受けたリフォームの提案

我が家は新築から15年を迎え、リフォームを行うことにしました。今も提案を受けている最中です。わがやのほうからのオーダーは予算の上限。そしてお風呂の浴槽を広くして、脱衣所には冷暖房がほしい。トイレは壁紙なども含めたイメージチェンジで長居しやすくしたい。壁を一つ壊して大きな部屋にするという3つでした。
こちらからこれ以上、具体的なことはあげづらいところもあり、この希望に基づいてまずは、イメージ図をつくってもらいました。実際にあがってきたのはそれぞれ2つずつです。この中でいろいろ話しながら、ショールームでの実際の素材、部材、商品見学も交えて、今は仕様を詰めようとしている最中です。非常にアクティブな動きをかけてくれているのでこちらとしても助かります。